2016年06月14日

接ぎ木ナイフ 国心 完成!!

果樹苗木屋は接ぎ木ナイフがないと始まりません。と言っても過言ではない仕事の道具です。

田主丸型接ぎ木ナイフ、全的にも有名な国光と銘が打たれた接ぎ木ナイフ製作者の東翁がお亡くなりになり早、数年。
私もお客様から接ぎ木ナイフの問い合わせが毎年あっていました。

東翁の自宅に出向き取り置きの在庫がないか問い合わせしましたが、やはりありませんでした。

諦めていましたが、いつの頃からか東翁の息子さんとお知り合いになりました。(趣味のハーレー話をたまたま会ったときにしてからか)

今年の春、お客様から接ぎ木ナイフの問い合わせがあったことを伝えましたら、作ってみる!!
との事でした。

東さんは普段は全く鍛冶屋さんとはかけ離れた仕事をしていますが、若い頃からお父様に鍛冶屋のイロハを叩き込まれたようで。

それならば是非とも。と、お願いしました。

試作品は10本以上になったと思います。
私も試作品のモニターとして協力させて頂き完成したのがこの国心という接ぎ木ナイフです。

特徴は、歯が強く長く使っても切れ味が変わりません。サビもほとんど出ません。
ご家庭での趣味の果樹苗木の接ぎ木や、高接ぎにも良いと思います。
因みに、ナイフの箱は私の親戚の木工職人さんの作品です。こちらも、頑丈で木目が美しく凝った作りでした。  


Posted by マー君☆ at 19:45Comments(0)